FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-13

お試しプレイ 鞭本編

imgCACEQ0P3.jpg
imgCA4XBNUO.jpg


ならしの鞭が、
背中に何回かきた後に、
強い振りの鞭が…。

いつ強い鞭が来るか分からない恐怖…。
バラ鞭の強い鞭は、
5回~10回程受けたでしょうか…。

【そんな回数だったか?
もっと打った気がするんだけどね】

恐怖と…、
耐える事で、
記憶がさだかではありません…。

姫様に、
『痛いね~』
などと言われながら、
これが鞭の痛さか…と思いながら、
目をつぶり耐える…。

【私が鞭を楽しんでるときの言葉「痛いね~?」】



痛いなんて思ってもまだバラ鞭…。
この後の一本鞭の恐怖が…。

一回、一回、
歯をくいしばり、
なんとかバラ鞭を耐え、
いよいよ一本鞭…。
(もう恐怖です…どんだけの痛みなのか…)

【えー 結構打った気がするんだけどなぁ ならしとく意味で】



姫様が、
バラ鞭を置き、
右手にピンクの一本鞭…。
左手に黒の一本鞭を手にした…。

そして自分の方に振り向き、
姫様が奇妙な笑顔で一言…。
『どちらの鞭がいい?』
思わず、痛くない方でと言ってしまった…。

【痛くない方を指しても結局両方打たれるんだけどね(笑)】



そしたら姫様は、
すかさず 『どっち?』
とおっしゃいました…。


【痛くないほうでっていう答えは気にくわない】



頭の中が真っ白だった自分は、
我にかえり、
黒い一本鞭の方が、
まだ痛くないという、
姫様の日記を思い出し、
黒の鞭でお願いします…と
お答えしたと思います…。

そう言うと、
姫様は残念そうに振り返り、
ピンクの鞭を置き、
鞭を振る場所へと…。

『ちゃんと体勢を整えなさい!!』
とおっしゃりながら、
自分おしりを、
足で突かれました…。


【お尻を足でつついて指示するのは好き♪】



慌てて、体勢を整え、
姫様からの初の一本鞭を頂きます…。

距離感を確かめるように、
軽く振った鞭が、
自分の背中をペチッ、ペチッと数回…。

いよいよだ~と思うと、
姫様から、
『いくよ~』との一声…。

そして…、
記念すべき…、
一本鞭…、
ペッーーシッーーーーーーン!!

うっ…あっあああああ~!!!!!

初めて味わう痛み…。
経験した事がない痛み…。
背中に縦のラインで痛みが走る…。

あまりの痛みに、
正直ビックリしました…。

2回目を受け、3回目を受ける度に、
同じ箇所に鞭を受けた時、
また違った痛みが背中を走る…。

足をモジモジさせながら、
うつむいて、
必死に耐える…。

ベットにもたれ掛かっていなければ、
体勢は崩れていたと思う…。

全部で5回は受けただろうか…。
もう…記憶にございません…。



【うーん 黒い鞭は鞭痕があまりつかない
やはり面白くない】


黒い鞭に飽きられた姫様は、
『ピンクの鞭、10回受けなさい!!』
との事…。

はい…わかりました…。
と聞こえるか、聞こえないか位の声で、
お答えし、ピンクの鞭を受ける事に…。

『鞭の数、数えなさい!!』
ピンクの鞭を振られる度に、
数える指示を受けました…。

そして、
ピンクの鞭、
背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に1回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~いっ~~~ちっ………!!!!!

背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に2回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~にっ~~~いっ………!!!!!

背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に3回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~さっ~~~んっ………!!!!!

『痛いね~、痛いね~。』
背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に4回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~よっ~~~んっ………!!!!!

あまりの痛さに、
しゃがみ込んでしまった…。
『体勢を整えなさい!!』
と姫様はおっしゃいながら、
足で、自分のお尻を突き上げた…。

体勢を整えると…。

背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に5回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~ごっ~~~っ………!!!!!

背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に6回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~ろっ~~~くっ………!!!!!

姫様がお近づきになり、
背中を確認…。

『いい痕ついてるわね~。』
『ボコボコよ~』
『このボコボコ感が良いのよね~。』
正直嬉しかった…。

足をモジモジさせながら、
必死で耐えた…。

あと残り4回…。
(耐えられるのか…、かなり心配…。)

姫様が定位置につかれ、
背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に7回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~なっ~~~なっ………!!!!!

『いくよ~』
姫様のお声と共に8回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…………………。
毎回同じ場所付近に、
鞭が当たるので、
あまりの痛さに、
声も出ず、数が数えられない…。

『聞こえないな~。今何回?』
『ちゃんと数えなさい!!』

8回目で…す…。
『8回か~。あと2回頑張りなさい!!』

背中をなでるように、数回ペチッ、ペチッ…。

『いくよ~』
姫様のお声と共に9回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~きゅっ~~~うっ………!!!!!

『はい、ラスト~』
姫様のお声と共に10回目…。
ペッーーシッーーーーーーン!!
うっ…あっあああ~じゅっ~~~うっ………!!!!!

終った…。
率直の感想だった…。

姫様が、
直ぐに近づいて来られ、
抱きかかえて頂いた。
(かなり嬉しかった…。)


【うーん。無言で読んでしまったわ。
かなり頑張ってる感が出てるよね
可愛かったわ。
思わず抱きかかえてよしよししちゃった】



『良く頑張ったね~。』
『なかなかよ~。』
『あなた鞭もいけるわね~。』
とおっしゃって頂いて嬉しかったが、
鞭がいけるかどうかは自身がなかった…。


【いや あんだけ強い力で振っても体勢崩さないんだから中々よ。】



でも、姫様に褒められ、
耐えただけの事はあったと思った…。
姫様が喜んで頂けてる。
それだけで、なにもかも満足だった…。


【うーん、久しぶりに思い切り触れて(回数は少なかったけど)満足だわ】



姫様が、
鞭を打った背中を見て、
『いつ見ても鞭痕は美しい。』
『このボコボコがたまらない。』

【いい痕ついてたものー 赤黒くなってたものー♪】



『あなたも触ってみなさい。』

姫様…、
背中なので触れません…。



【漫才かw】


『そうだった…。残念ね~。』
『今度は触れるところに鞭打とうね~。』
とおっしゃられた…。


【今度はお尻とか打つかなー
何故か今回は背中に集中しちゃったんだよね
体勢が体勢だったからねー】




触れるところで痛くない場所があればよいが…。
ちょっと不安なお言葉でした…。


【お尻なら痛くないって♪】 .
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

takiyashahime

Author:takiyashahime
S女滝夜叉姫です。
個人奴隷を飼っています。
しかし随時募集中です。
苦痛系にしか興味がありません
特に鞭、針が好きです

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
61250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
2383位
アクセスランキングを見る>>
リンクリンクリンク
滝夜叉姫のカウンター滝夜叉姫のカウンター滝夜叉姫のカウンター
ブロとも一覧ブロとも一覧ブロとも一覧
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。